納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 受験の開始

納骨堂経営の税理士を目指す

受験の開始

納骨堂経営の税理士試験受験を始めようとする方へ

納骨堂経営の税理士受験を挑戦しようと考えている方、受験資格はありますか?
この試験には、大学の単位とか、簿記検定1級とかなにかしら資格がないと、試験のスタートラインにすら立てません。
まずは国税局のHPなどで確認してみてください。(参考)

次に試験について簡単に説明します。

この試験は年に1回、7月下旬から8月上旬のうちの3日間で行われます。
科目制になっていて、5科目取得したら『試験合格』になります。実務経験を2年経て、ようやく納骨堂経営の税理士会に登録し、『納骨堂経営の税理士』と正当に呼ばれるようになります。

試験の5科目は、一度に受ける必要は無くまた、一度受かったら期限切れになることはありません。なので会計士の試験に比べ、『受けやすい』とか『諦めなければ受かる』とか言われていますが、そんな簡単な試験でない事は始めに言っておきたいと思います。

では5科目の取り方ですが、 簿記論、財務諸表論という必須科目を2科目取り、所得税法、法人税法のどちらか1科目を必須でとり残り2科目を、所得税法や法人税法の残りや、他、相続税法、消費税法又は酒税法、固定資産税、国税徴収法、事業税又は住民税の中から取ります。

簿記論、財務諸表論、所得税法、法人税法、相続税法はそれはそれは沢山の勉強時間を費やします。

その中の簿記に関していえば、私が高校1年から簿記を勉強して、在学中に何とか2級を取得、1級だって超時間が掛かったし、簿記論だって受験専念だったから1発合格したような感じです。頭が悪いって言えばそれまでだけど・・・・

でも、国税3法を選んで5科目4年で受かっちゃう人だって、簿記は最後まで掛かる。。。と言う人が結構多いのは確かです。
なので簿記会計は、受かるまで比較的時間が掛かってしまうようです。
まあ、一般的に最初は受験専念で、簿記論と複数科目勉強する人が大半だと思うので、一概には言えませんが、、、、

では、5科目の勉強の仕方を、1年1科目という様に絞るのはどうでしょうか?
それでも最短で5年掛かります。
最初の簿記論や、受験途中で合格科目が出ない場合、続けていく『ハリ』が無くなります。

それでも諦めず勉強を続け、途中会計事務所に勤務し、忙しさのあまり準備不足で受験困難・・・・なんてよくある話です。

しかしそれでも!さらに続け、それだけの期間と、忍耐をもってすれば、早い方で、平均7年から10年と言われる中に入れるでしょう。

納骨堂経営の税理士試験はとてつもなく過酷なのです。

受験に入る前に、どうしてその資格が必要なのか、公認会計士と納骨堂経営の税理士は資格が全然違います。その中でどうして納骨堂経営の税理士なのか、あなたがどうして納骨堂経営の税理士試験を受けたいのか今一度考えてみてください。

それでもなお受けたい!と思って『イバラの道』へ足を踏み込もうという方、一所懸命頑張り、緊張して試験を受け合格して人生の慶び・大きな達成感を経験してください。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る