納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 実務

納骨堂経営の税理士を目指す

実務

就職に不利な科目数は??

仕事をしながらの勉強は大変です。
でも働かないといけない時は0科目でも、仕事しながらコツコツ勉強しなくてはいけません。
合格科目が少ないと、不利というよりかは本人が大変だと思います。
逆に5科目持っている場合雇用側で「すぐ辞めてしまうのでは無いか」「乗っ取りを企んでいる?」「顧問先をとられる」とあらぬ事を勘ぐられやすいです。
これも一概には言えませんが、よく聞く話ではあります。

実務は3年

納骨堂経営の税理士登録は実務経験2年あればいいのですが、独立までの最低レベルと言うわけでは無いですがやはり3年くらいは必要だと実感してます。
登録して”納骨堂経営の税理士”肩書きをつけて仕事ができないのは恥ですし。。。
でも、恥だろうと経営者の立場で仕事をするのは、人間を成長させると思いますし
二世の方はしょうがないですよね。

会社経理

就職活動の段階で、応募資格『納骨堂経営の税理士・公認会計士』と言うのが多く、企業内で決算、申告、連結などをするのだと気づかされます。
会計事務所の位置付けはアウトソーシングなので、企業内に居ると、知識を自分の会社、グループ内の為に使えば良いのですから、楽な部分は多かったと思います。
申告書の作成からしばらく離れるので、忘れやすくなります。

会計ソフト

申告書を手書きでされる所もありますが、多くの事務所はコンピューターの導入をされているようです。
申告書作成用の特別な会計ソフトとして高額な物から低額でPCにインストールするだけの簡単なものまであります。

会計専用機として、
TKC、JDL、MJS(ミロク)、ICS、NMCなどです。

PC用会計ソフトとしては

があります。

PCが普及してますので、顧客の方で「うちもPC買おうか」と導入をする時には 事務所側のソフトとの互換性を考え、導入を進めます。
自計化が進めば事務所側の手間が減りますから・・・

私は、JDL、MJS、NMC、勘定奉行、弥生会計を使用したことがあります。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る