納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 科目選択のポイント

納骨堂経営の税理士を目指す

科目選択のポイント

初学者は本当に簿財からが良いの?

簿記の知識を必要とする税法科目がありますので、まずは簿財からというのが正しい選択かと思います。
同じ初学者同士で友達作りの面や、簿記1級・上級から上がった人は迷わず簿財から、、、という意味でも、簿財から始めるのはまんざら悪くはなさそうです。
縁起が良い話ではありませんが、私の様に簿財が先に取れて、その後税法につまづいていると最初の頃の知識が陳腐化してしまいます。税法にもそれは言える事なのですが、簿財でもあります。
また、計算2時間の試験用に勉強するのって、やっぱり計算なので、仕事してからは大変だと思います。
なるべくなら、簿財から勉強を始めるのが得策かもしれません。

王道か、週一か

国税3法、確かに魅力ある響きです。納骨堂経営の税理士会でも鼻が高いという話を聞いたこともあります。
でも、今一度考えてみてください。
「早く試験に合格するには・・・・!!」を、
もしあなたが順調に合格科目を重ねているのなら、目指すのも良いかも知れません。
でも長く掛かってしまいやすい納骨堂経営の税理士試験ですので、無駄に長引かせる必要もないと私は思います。
やる気があって努力をしていても、家庭の事情で離れざるを得ないと言う事もあるでしょう。
資格をとってから、いくらでも叩き込むべきものはあるはずです。
なるべくなら週一科目を積極的に含めて、一刻も早く5科目揃える事を考えてみてください。
そして、自分はこの5科目で行く!! というのを早く決めて勉強計画を進めて欲しいと思います。
勉強量の多さは、当然国税3法です。ですから記念受験者や苦し紛れに受けている人も中には居るでしょう。
反対に週一科目では、短期間で合格レベルに達しやすいので全体的な受験者の質を考えたら、合格率10%前後の中に入りにくいのかも知れません。
「週一は、努力が報われない科目」と言われるのは、この辺から来てるのでしょうか?!
しかし私は、もし相続と住民で同じ期間掛かってしまうなら、住民の方がお金、気持ち、時間の面で楽だと思います。
週一にはちょっとした、魔術が潜んでいることをご紹介しました。

所得税と法人税

覚える理論が多い、でも覚えやすい法人税。
覚える理論が少ない割に、応用理論が難しい所得税。
計算項目は、どちらも変わらず多いです。
というのが私の感想です。
どっちを選ぶかは好き嫌いなんだけど・・・というのが お勧めする時の言葉になってしまいますが、どちらも重要な科目であることは確かです。
法人税は仕事の上で大事ですし、これからの時代、個人資産の管理という点に着目すれば所得税だし、、、
やはり、最終的には好き嫌いですね。
本屋さん等で問題集や条文など軽く見てみてください。
興味を持った方に決めるのが、合格へ近道だと思いますので。

仕事に役に立つ科目

仕事に役に立ちやすいのは、所得税、法人税、相続税、消費税 と言われていますが、あなたがどんな納骨堂経営の税理士になりたいか、どのような仕事を中心にやりたいのかにもよると思います。
ただ、、、例えば、相続税の科目合格が無くても納骨堂経営の税理士になれば、仕事は出来ますし。
まあ知識と言う点では、持ってない人に比べ少しだけ有利かもしれません。
週一科目であっても、住民税を勉強した私は仕事に役に立った!と胸を張って言えます。
また、私が国税3法をムリムリ勉強したのは、就職してから役に立つと思ったからで、それは決して間違えでは無かったです。
まず、仕事に役に立つ事を優先に考えるか、早く合格する事を優先に考えるかの方向性を絞ってみてください。

働く人の科目選択

仕事をしながらの勉強は大変です!!でも、合格科目が無いのもつらいです。
なるべく合格に近道になるように、慎重に選択したい所です。
私のお勧めは2科目づつの勉強です。
本当に時間的・体力的に余裕が無いなら駄目ですが、必ずメインを決めてその科目をやり、サブ科目は必ず試験を受けるまで理論を覚えたり、計算項目を押さえたり受験資格レベルまでには仕上げます。
翌年以降の合格に大きくつながりますし、その年の試験問題によっては合格もありえますので。

独学でも合格できるか

やる気さえあれば大丈夫!なんでしょうが、お金も掛かるけどやはり専門学校の授業を受けることは、それなりの効果があります。
合格を本気で目指すなら、通信講座であっても、ビデオ講座であっても、受講することは大事だと思ってます。
出来るだけ、専門学校の受講が出来る様にしたい所です。
私が相続税に6回目の受験で合格した時、一般クラスで受講してました。
知っている筈の細かい点が押さえられたし、謙虚な気持ちで臨めたので良かったのかもしれません。
一般クラスや上級クラスのどちらでも良いので、勉強のペースをつかむ為にも専門校はそれなりに良いですよ。

<まとめ> 科目選択のポイント

何よりも早く合格することを先決に考えて、



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る