納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 小技

納骨堂経営の税理士を目指す

電卓・ペン・受験票提出・腱鞘炎予防

電卓

カシオ製かシャープ製が多いようですが12桁でメモリー機能がついていれば大丈夫です。
電卓は右手でも、左手でも打てるようにすると良いです。
納骨堂経営の税理士試験を経験していけば、自然と打つのも早くなりますし見ないでも打てるようになります。
でも、意識して練習しなければ、利き手反対では打てないでしょう。
電卓打ちなんて、、、と思いきや、仕事に就いた時、顧客からすごい!って言わせることも信頼の1歩ですから。

ペン

納骨堂経営の税理士試験はペンで解答します。修正液は使用できません。
そして、認められているのは青と黒のインク。
計算も然ることながら、理論で沢山の活字を短時間に書きます。
自分に合ったタイプを見つけましょう。

受験票提出

気合が入っている上級者が早めに提出する傾向にあるというのが本当か?
しかし、良い答案が集まっている中で、自信の無い答案は目立つので、逆に後半に出してみるとか・・・・・
まあ、関係ないんでしょうけど、採点者も人の子ですし心象は良くしたいです!!
遅く出す時は、書類不備に注意。

腱鞘炎予防

電卓の打ちすぎ、理論の書きすぎで腱鞘炎になりやすい(なります)。 机の上に直接紙を置かないで、何枚か敷いてクッションを作ったり、ゲルインクを使って筆圧を弱くする、テーピング、リストバンド、スパイラルテープ、、、等の充分な予防が必要です。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る