納骨堂経営の税理士

税理士 受験専念か働きながらか

納骨堂経営の税理士を目指す

受験専念か働きながらか

受験専念の方へ

最初は受験専念で簿、財、所or法くらいまでとって、その後会計事務所に就職して、修行しながら実務経験を積む。
その間に残りの科目が取れて、晴れて登録!!
というのが、お受験基本パターンでしょう。

初期の受験専念の方へ
学校生活はいかがですか?
ダブルスクールの方は大変でしょうけど、勉強と言うことに関していえば現役ですので、脳が元気な時に1つでも多くの科目を手にしてください。
大体の方が簿記論・財務諸表論から始められると思うので、同じ境遇の中での沢山の友達を作ってみてください。
勉強方法の相談、試験情報、悩み、試験前の緊張、授業前の席取り、就職の際の情報交換、働いてからの案件の相談、、、、、きっと、仲間によって助けれられると思います。
受験専念の方は、大半が複数科目をやっていると思います。
年内、、、3月頃までは、毎回の授業を受けるのにそんなに準備も無く対応できるのですが、模擬試験が頻繁に入ってくると、試験の復習と、授業の宿題、プラスαと忙しくなりそのままどんどん 『追い込み』 時期に入ります。
複数科目の量、前年度経験あり、などにもよりますが、一年の計画を大体で良いので立てて、バランスよく勉強すると良いと思います。
また、全体の出来も気になる所だと思います。無謀な複数科目 (私のように国税3法とか) をやっていると自分でも 大丈夫かな? と不安になるので、定例試験のレベルで十分に復習して、なるべく上位や良い点を目指してみてください。
テストの点数は、所詮校内テストですが、複数科目における不安解消、苦手項目の攻略にも良いと思うので・・・・
もし多科目がきつくて無理だと思ったら、切り捨てる勇気も必要だと思います。
試験前のほんの数週間程度の期間は、誰もが勉強して実力がどんどんついてくる時期です。
それが税法科目なら理論暗記に必死になるでしょうし、いくら時間があっても、総復習できない!! と言う事態になる前によく考えてみてください。
科目を切り捨てる事に関しては賛否両論がありますが、私は、合格科目が無い年は本当に辛いので、なんとか続けて、合格ラインにまで到達するように努力をする事が良いと思ってます。
それは切った場合、受かれば良いのですが、落ちるとそれはそれは悲しいし、また途中で切り捨てた科目は、どこで切り捨てたにせよ、ラスト2週間の期間を過ごさず、試験に持っていっていないのなら完成度は高くは無いと思います。
次年度に新たな気持ちで望まなくてはいけません。
でも続けた場合は、数打てば当たるではないけれど、その年の受験問題や、直前対策によって合格の可能性もあります。
全体のバランスや完成度は薄いけれど、試験前の2週間をそれなりにちゃんと過ごし受験したなら、全体の枠組みは頭に入っているはずです。
次年度も少しは楽に受験ができます。
受験専念の方たちは常に『受からなくてはいけない!!』のプレッシャーがあると思います。
早く自分の勉強方法を見つけ、効率よく、常に試験前を意識しながら取り組んでいければ、自信を持って試験会場に臨めますよ。
頑張ってください。
受験専念を再開された方へ
仕事が忙しいので、辞められて専念される方、主婦になって専念できるようになった方、久しぶりの学校は楽しいですか?
周りがはつらつと勉強しているのを見て、「私は場違い?」等と思わないように。
きっと、会計事務所の厳しい?試練に耐えてきて、天国の様に見えてしまったり、働いてない事への後ろめたさを、少しでも感じてしまってはダメです。
今まで自分が働いていたように、働いている人もいるんだ!やるべき事をはっきりさせれば、周りが見えてこなくなります。
合格に向けて、少し孤独に感じるかも知れませんが頑張りましょう!!

働きながら受験の方へ

お仕事は忙しいですか?
会計事務所に勤務されていれば、忙しい方が大部分ではないでしょうか?
また、事務所内の雰囲気によって勉強できなかったり・・
企業や金融機関にお勤めでも、受験と仕事の両立は本当に大変ですよね?
家庭や家族があれば、沢山の顔を持っている訳で、その中で勉強時間を裂くのは、睡眠時間を削る事だったりします。
そうすれば、理論暗記もしにくい頭になります。。という悪循環の中で 『コレで大丈夫?』 と思うかもしれません。
でも、なんとか勉強時間を見つけて、バランスよくこなせば絶対に合格は見えてきます。 この試験は、計算項目確認したり、理論暗記したり、絶対的な勉強時間は必要になってくると思います。その時間は必ず作らなければなりません。
「忙しいなりの勉強方法」を早く見つけて実行してみてください。
受験専念中に合格できなかった人が、仕事を始めて超忙しいのにバタバタ受かっていく人が多いのも事実です。
私が、事務所に邪魔されながら受験し、所得税を合格できたのも事実ですので。。。
確かにその時は、4月くらいから毎日睡眠4時間でしたし、相続税もやってました。
学校は何とか土日で通い、試験前も3日しか休みが無かったかな?でも、受かりたいと思って必死になれば受かるものです。
受験専念をしている時に比べ、短期的な計画は立てにくいのですが、私の場合はなるべく2科目づつ勉強して、必ずどちらかに比重を置いてやることも効果的だと思いますし、1科目だけにし、試験前に十分時間を取れるようにして、追い込みに全てをかけるのも効きます。
そういう意味では、受験専念の人とは別の有利さがあります。
どうぞ最後まで諦めずに、しかもなるべく時間を作り、勉強に励んでください。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る