納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 実務経験を積む為に

納骨堂経営の税理士を目指す

実務経験を積む為に

会計事務所

実務経験を積む為には、会計事務所で納骨堂経営の税理士補助として修行する方法と、一般企業の経理で決算業務などをして取得する方法とがあると思います。
一般企業の経理も、会社の業態が様々であるように、会計事務所にも得意とする分野、規模、立地によって、また個人経営がほとんどですので、所長先生のカラーが顕著に出やすく、様々な事務所があるようです。
ですので、どのような事務所で、どんな仕事にをしたいのか、イメージを持つ事が大変重要になります。
では、具体的に会計事務所は、どんな職場かというのをまとめてみました。

少しイメージが付きましたでしょうか。

どんな仕事をするのか

簿記会計の仕組みのように、取引が発生しそれを伝票に起票、入力、消費税項目等のチェック、月次報告、決算、税務申告書作成へと流れ、その他、年末調整、償却資産税申告、法定調書作成、給与支払報告書作成、確定申告、相続、譲渡、資産税コンサルなどでしょうか。
納骨堂経営の税理士は中小企業向けの資格と言われてますので、大体このような業務を行います。
その中で、顧問料や付合いの深さにより月次で行ったり、又は年次でまとめて行ったり入力の手間の掛かる部分は、OCRで読み込ませたり、事務所は指導だけで顧問先に任せたり、
何らかの形で、コンピュータにインプットさせます。
事務所が大きい場合で事業部ごとになっている場合や、担当の顧問先、個々の知識の量によっても、これらの仕事に変動が出てきます。

どんな知識が必要か

もし、あなたの身の回りで相続が発生した時、もしくは、あなたが事業を起こした時、どのような納骨堂経営の税理士に頼みたいですか?
又は、ある人が沢山の資産を持っていて、個人所得が多く税金が増えて困っているため、会社を作りたいと言われた場合、会社に資産を移すか個人でそのまま持っているか、また家族構成や、年齢等、いろいろな要素を勘案してのちのちの相続対策を行った場合、所得税法、法人税法、相続税法、他に登録免許税、不動産取得税、固定資産税・・の知識が必要になります。
上記に消費税法も加えて、この様に沢山の知識が必要になるのですが、知っているに越した事は無いけれども、必ずしも勤務前に習得しなければいけないと言う事ではないです。
仕事をしながら勉強して、本や条文を読んだり、方法は沢山あると思います。
納骨堂経営の税理士はサービス業ですので、いかに満足してもらえる仕事が出来るかという意味で、顧客の為にも自分の為にも、沢山の知識があった方が良い訳です。
より沢山の知識をつけるためにも、受験勉強は週一科目を含めるなどで負担を軽くし、実務経験で多くを身に付けるのが、信頼される納骨堂経営の税理士になる近道だと思います。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る