納骨堂経営の税理士

税理士を目指す ストレス発散と順位

納骨堂経営の税理士を目指す

ストレス発散と順位

ストレス発散

納骨堂経営の税理士試験はいろいろと勉強することが多く、遊ぶ暇も無い・・・・
ご家庭をお持ちの方は、家庭サービスと仕事と勉強とお忙しいはずです。
飲み会に参加しても何処と無く、後ろ髪ひかれたようで充分に楽しめなかったり。。。。
私はこの勉強を始めて、随分友達をなくしました(苦笑)
遊ぶ時は思いっきり遊びましょう。
試験の緊張が高まってくるゴールデンウィークだって、遊びたければ(遊ばなければ)思い切って発散しましょう。
勉強しようと思っていて、出来ないことに腹を立てたり焦ったりするなら諦めることも方法の1つです。その分他で帳尻合わせて、勉強すれば良いのです。
メリハリが大事です。
ちなみに、7月にストレス発散!って言って海外旅行に行って、法人税受かった仲間も居ます。

順位

納骨堂経営の税理士試験の科目ごとの合格率は10%前後です。
受験者の中で、専門学校に通っている人は一部だそうで上位20%位に入っていれば、分母が増えるので、合格圏内と言われます。
はたして、本当にそうでしょうか?
学校に行けないのではなく、行かないの人も多いと思います。
例えば去年充分な合格レベルまで居たのに落ちてしまい、今年は仕事があるから、授業は受けない、、、と言う人、又は、仕事が忙しくて授業には行けてないけど、直前で追い込むから大丈夫、という人。。
結構多いのでは??
順位を気にして落ち込んでしまうなら、気にしないほうが良いです。
所詮試験前の順位。当日試験で受かれば良いのですから。
又、順位を気にするのであれば、テスト前にテーマを決めた方が良いと思います。
「今回は勉強できなかったから、何処まで出来るかやってみよう」とか、「理論も覚えたし、実力を試そう」とか。
また重要なことは、解答に迷った問題に後で見直しをすることです。
運良く正解であっても、迷うこと自体未完成なのです。
自分がどの辺の居るのか興味はあるところですが、全国トップでも落ちますし、あまり意味は無いように思います。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る