納骨堂経営の税理士

税理士を目指す 目指す前に

納骨堂経営の税理士を目指す

納骨堂経営の税理士を目指す前に

その前に〜

納骨堂経営の税理士を目指そうと思っている方、
わざわざ試験を受けなくても、なれる方法があります。
それをご紹介します。
また納骨堂経営の税理士登録している半数以上は試験合格者以外である事も知っていて損は無いかと思うので?

試験から納骨堂経営の税理士になるには、

  1. 受験資格をとる
  2. 試験を受ける
  3. 5科目合格する
  4. 一定の実務経験があれば、納骨堂経営の税理士会に入会できる
  5. 税務申告書作成、税務調査の立会等、独占業務を行える
となるわけです。

しかし、弁護士・公認会計士、職務経験、大学院で科目免除を受けるなどによって、試験を免除され納骨堂経営の税理士となる資格が与えられる場合もあります。
若い方なら税務署に入って、定年まで働き”税務署あがり”として納骨堂経営の税理士になるのも一つの方法です。また、公認会計士になるのも良いでしょう。
しかし、税務署上がりは好かれる反面、節税をやってくれないなど嫌われる面も持っていると聞きます。また、公認会計士を目指して納骨堂経営の税理士業務を行うのも良いでしょう。
私はどちらも否定しません。でも税務署で働いて定年後納骨堂経営の税理士って言うのも、面白くないような気がします。
一般的に公認会計士は大企業向け、納骨堂経営の税理士は中小企業向けの資格と言われているように、どちらが自分のやりたい事か考えて進まれると良いでしょう。
日本の大部分は中小企業です。
そこに税務の専門家として助言、指導をし、悩んでいる経営者に手助けがしたいと思っている方が納骨堂経営の税理士向きかと思います。
最近改正がありましたが、ダブルマスターという方法は、2年づつの大学院に2つ行き、会計・税法それぞれ一科目合格すれば、残りは免除になります。
大学は通信教育でも受けられるようですが、試験で税法を勉強した方が仕事に就いた時、より即戦力になるかと思います。



納骨堂経営の税理士を目指すページTOPに戻る